2010年08月25日

興南野球部

甲子園を見ていたら、音楽がおもしろかった。なので、メモをとりながら試合を見た。沖縄代表の興南高校は、基本的には沖縄メドレーだ。それとプラス、選手のリクエスト曲に応じて、バッターボックスに入るときの個々のテーマソングらしき曲が流れる。国吉大陸選手の打順では、「情熱大陸」の曲が流れる。きっとそれは選手の名前が「大陸」だということで、本人がシャレでリクエストしているのだろう。しかも、これが流れると本人が高い確率でヒットを打つわけ。このまっしぐらな明るさが良い。

決勝戦、東海大付属相模は、音が重厚で演奏は上手かったのに、曲のレパートリーが練られていなかったのが非常に残念だった。鉄腕アトムのテーマや、山本リンダさんの「狙いうち」、ピンク・レディーやフィンガー5の曲、昔の曲のオンパレードで、2010年の野球少年が感情移入するとは思えない。本当にびっくりしたのは、アルプスいちまんじゃくが流れたこと。思わず野球じゃなくて、隣の人と、手を重ねて遊んでしまいそうだ。極めつけは、「郵便馬車(クシコス・ポスト)」、重ねていうけども演奏は上手だったが、これなんか150年前くらいの曲だものね。

新しいものが良いとは限らない。しかし耳から入る音と心は同じなので、18歳の人間が聞こえる音を出さないと、心が動かないし、あの甲子園球場の空間を支配できないと思った。

もうひとつ気がついたのは、甲子園は、文化の衝突だということだ。北と南、東京と地方、関西と関東、本土と沖縄、そんなふうに試合では、文化の対抗軸が衝突しているのだ。興南の選手が「沖縄県民の皆さん、ありがとうございました」と言うときの「県民」には、すなわち歴史が含まれている。



うーん。ごめんなさい、途中までしか、書けませんでした。
posted by minemai at 13:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.