2010年08月18日

ファッションを語る(3)

お盆明けの夜、電話がかかる。なんでも私の男性の友人が、ビートたけしの、とある番組から出演依頼がきたらしい。他人ごとながら、とてもうれしい。

さあ、そこで私の出番だ。いったいその友人がどんな服を着て、テレビでビートたけしと話をするべきか?お節介やきの私があれやこれや、一張羅の服をコーディネートしてあげて、それでも決まらず、結局私は眠りながら、洋服のことだけを真剣に考えていた。

翌朝、番組制作の方から連絡があって、深夜の会議で企画自体が流れたという。それは残念だったし、声にならない声、短いためいきを、その場にいた数人が、誰それとなくついたのだった(でもこういうことは、よくあることだ)。

ところで、私が驚いたのは、今回は自分のことではなかったけども、最優先して「洋服のことだけ」つまり「外見をどのように人に見せたいのか」ということしか、自分が考えていなかったことだ。私の外見重視的態度は、筋金入りなのだろう。

外見で全部決まる。どんな服を選んだのかは、何を考えているのかということのあらわれであって、すごい服を着た者たちは、空間から浮くけども、同時にそこを支配することができる。

でもやられちゃっているんだ。ユニクロと、高級ブランド、この2つの路線に。一方で私が、ニューオリンズで見つけた、すごいと思うファッションはこちら。他人(ネイティブアメリカンの)の民族衣裳を、好き勝手に自分たちでアレンジして着ていた。そこには二つの行程があるので、そこに意表をつかれる。

mardi gras indeans.jpg

でも、この格好では、バスにはなかなか乗りにくい。そこが問題だ。

閑話休題。

年月や気候風土の中で生き残って来たような民族衣裳にしか、空間を支配する力は残されていないのだろうか?そこで、モンゴルの民族衣裳で、本日のエッセイを終わりにする。

福岡にあるモンゴル料理の店のゲルにて。モンゴル系のお店の方にのせられて、彼らの衣裳に着替えてしまった(安易に族衣装を何も考えないで着ることほど、みっともないことはない!と言ったことがあるけど、私ったら幸せそうだ)。

L1001884.jpg

ファッションを語る(1)
http://minemaiko.sblo.jp/article/35557330.html

ファッションを語る(2)
http://minemaiko.sblo.jp/article/35942537.html
posted by minemai at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.