2010年08月04日

少しのワインと海、そして恋人、それがあればいい

ギリシャで始まった運転手組合(ガソリンを運ぶタンクローリー)がギリシャ政府の営業免許制度改革に反発して起こした無期限デモとストが終わった。1週間弱、全国の交通、運送、社会生活が麻痺していたそうだが、そのニュースを耳にして、数ヶ月前の新聞を思い出した(いくつかの新聞から、面白い記事は毎日スクラップにしている)。これはギリシャの「デモ犬」について触れられた記事だ。デモ犬って何だろう?


2010年5月28日(金)朝日新聞 朝刊14面
ギリシャ危機 スローライフ共感と違和感
 ローマ支局長 南島信也@アテネ
「少しのワインと海、そして恋人、それがあればいい」

 ギリシャで歌い継がれている曲の歌詞だ。多くは求めないけど、楽しい日々を送りたい__そんなギリシャ人の気質がよく表れている。
 世界経済を揺るがしているギリシャ危機の取材のため、今年になってすでに7回アテネを訪れている。そのたびに、ギリシャ流ライフスタイルへの共感と、そして違和感を覚える。
 デモや暴動を取材しながら、必ず犬が参加していることに気づいた。「デモ犬」「暴動犬」と呼ばれている。そのうちの一匹が雑種の「テオロドス」。普段はファストフード店の前などでは一日中ゴロリと横になって、市民や観光客からポテトなどをおすそ分けしてもらうから食うには困らない。
 もともとアテネには野良犬が多かった。五輪前年の2003年に市が2千匹捕獲したが、動物愛護の観点から処分せずに、狂犬病などの注射を打って名札付き首輪をして町に戻した。町ぐるみで犬を飼っていることになる。だがひとたびデモになると、先頭に立って武装警官に激しくほえかかる。
 不謹慎なのは十分承知しているが、テオロドスとギリシャ人の姿がだぶって見えて仕方がない。決してぜいたくではないものの、世界中の人があこがれる「スローライフ」を送ってきた国民は、国家が破綻のふちにありながらなお、「緊縮策を撤回しろ」「欧州連合(EU)、国際通貨基金(IMF)は出て行け」と叫び、ストライキやデモを繰り返す。社会不安の影響で観光客は激減し、国内総生産(GDP)の2倍を支える観光業は大打撃を受けている。(以下、略。)


アテネ市が犬を放し、町ぐるみで犬を飼い、そして有事の際には、その犬を先頭にしたデモが警察(政府)に文字通り「歯向かう」。犬も、有事の際には、誰が命を助けてくれたのかをわかっていて、アテネ市のために、国家と戦うのだろう。

この記者さんの論調は、最後に「強すぎる権利意識と無責任な政治の下、南欧のスローライフが、もはや『夢物語』になりつつある。」と締めくくられており、ギリシャのデモに対して微妙なマイナス感覚で終わる。

この記事の中でほかにあったのは、勤勉なドイツ国民は、ギリシャにいら立ち(目に浮かぶようだ)、EUの経済支援に消極的だったとのこと。一方、イタリアは、困っているギリシャを助けるのは、同じヨーロッパ人として当然だし、ギリシャ人の抵抗(デモ)にも共感する、という意見もあったとのこと。同じEUでも、温度差が大きい。

私が思うに、ギリシャはきっとまだ、「喜劇」と「悲劇」を上演しているのだ。デモ犬も一人の役者なのだ。そう考えたら、この破綻(まだ破綻していないけど)や、無政府状態(に近い状態)は、なるほど納得がいくわけ。

私の仮説が正しければ、このギリシャのこの大掛かりな「演劇」には、救援ではなく、観劇料を払うべきかもしれない。犬までがばうばう出演して、デモ隊も、武装警官も、まるでフィクションのようだ。しかもどこまで無茶をやれば国家が破綻するのか?そんな勇気ある限界に挑戦してくれている(笑)。こんなストーリーが生まれること自体、日本ではありえない(他の国でもあり得ないだろう)。

日本は、そこまで肝が据わっていないけどせめて、虐待や、鬱病や、自殺、内にこもった怒りよりも、ギリシャのような、外に向かって発散するカオスと狂気に向かって行って欲しい(少なくとも私は、内よりも、外に向かう演劇をめざしたい)。

ギリシャは半分か、3分の1(正確な数字ではないけど、驚きの数字だったのはたしかです)が国家公務員だと聞いている。それで、世界中からも批難されていた(なおかつ、もうバレたけど、国家の借金も隠していたわけだ)。イタリアもみんな税金を払わないものだから、国家が破綻する、破綻するといわれて久しいけれど、破綻していない。結局、借金は数字のことなのだ。数字でしかないのだろう。

だから、ワインと海と恋人だけが実態で、その他のことは形態でしかないんだワン。犬が反政府に立つのはあたりまえ、集団としての犬は、市民の立場に立ちますワン。
みねまいこは、AKAIのサンプラーを手に入れて、無敵になったワン。たぶんね。
posted by minemai at 00:00| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
せんせーい!おひさしぶりです!アレですアレ、アレですよ、そう、あの塾でお世話になって西南に行ったアレですよ!なぜか突然電撃的にみねまいこの文字が浮かんで今書き書きしている次第ですよ。記事を見る限り相変わらず盗んだバイクで走り出しそうなテンションでなんだか懐かしいですね。スローフードなかなか面白いですよ!一歩間違えれば怠惰ですけど!ブログあんまり見てないですけど、扱ってる話題が面白そうですね。人を知る前の判断は、いうなりゃ象徴の森で迷っている子供ですもんね。やっぱり行き詰まったコスモスにはいい意味でのカオスが必要ですよね!なんかトークしたいんでもしよかったら連絡くだされ〜!あ、オレの携帯パソコンからのメールこないんで携帯からで!
Posted by うらのゆたか at 2010年08月10日 11:24
盗んだバイクで...って、君、そんな古い曲を知っていたんだね(笑)。元気そうだね。よかったです。携帯は何かの際に壊して捨てたから、ありません。なので、なにか同窓会などの集まりがあれば、ここにまた書き込みをしてください。喜んで馳せ参じます。うらの君が、元気でよかった!うれしいです。
Posted by みね at 2010年08月10日 17:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.