2010年07月28日

ガソリン

友人の男性から電話があって、セルフ式のガソリンスタンドで、やり方がよくわからなくって、大量にガソリンをジャブジャブ、スポーツカーの周りにこぼしてしまったとのこと。素知らぬ顔で職場の会議に2本出たけど、服にガソリンがたくさんついてしまい、においも気になったけど、やっぱり素知らぬ顔をした。しかし、会議があまりにしょうもなかったものだから、僕はね、このガソリンを浴びた服に火をつけて燃えてしまおうか?と考えたんだよ、と言った。

しばらくして、同じ人からまた電話があって、今度はどなっていた。「さっき死刑が執行された!法務省も、千葉も、民主党も馬鹿野郎」そう。千葉大臣、彼女は死刑反対論者だったはずなのに、180度違うことがどうしてできたのだろうか?死刑までの経緯が出てきてはいるけども、どれを読んでも、理由にならない。「私の」気分が悪い。

私が死刑を行使したのと同じことだからだ。だから、私が死刑を許可して、執行に加担したのと同じことだ。間接的に、自分が人を殺したのに、どうして幸せになれるだろう?
posted by minemai at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.