2010年06月30日

ファーストフードの起源

FH000014.jpg

みねまい in フランスです。

冗談です。徹夜明けでへろへろになって飛び込んだ、福岡の喫茶店です(ノーメイクだけど)。

さて、今日はそば屋で、お昼を食べていた。混んでいたので、上品な老婦人と、相席となる。会釈。ふと、思ったのだけども、この店内を全員、タイムスリップさせたら、そのまま江戸の風景になるんじゃないか?と。

出てくるまでに、スピードがある。食べるのも早くすむ。勘定して、外に出て行くのも早い。寿司がファーストフードだというように、そばも江戸のファーストフードだったんだろう。寿司は高級化路線をたどるか、回転寿司のようにアトラクションと化して、ファーストフードではなくなってしまったけども、そばは昔の面影がある気がする。

ファーストフードの定義を、辞書で調べてみると、待たずに食べられる簡単な食品のこと。持ち帰りもできる。らしい。

ファーストフードは、強い町人文化があって、はじめて栄えるのだろう。2時間かけて食べるようなフレンチやその他もろもろは、時間があって働かなくていい、文字通りの意味でも、「〜みたいな人達」という意味でも、いわゆる貴族の食事だろう。

町人は、忙しいのだ。商売やら、ゴシップ話やら、旅行やら(彼らは徒歩ね)、火事や喧嘩やらで。それが、活気だ。フレンチのレストランに、活気があるか?品と、格式はあっても、活気はない気がする(逆に厨房はありそう)。だから、ファーストフードが栄えることは、町や人々、時代と経済が栄えるってことなんだと思う。はたして、西欧にファーストフードは、昔、あったのだろうか?

私はマクドナルドはあまり行ったことがなくって、去年の夏に友人の男の子とフランスからの留学生のパリジャンじゃないけど、パリ近郊ジャンの3人で朝まで遊んでて、明け方朝ご飯を食べようということになり、そのとき初めて行った。「美味しくないだろうから、絶対に嫌だ。せめてファミレスで和食を」と言い張ったが、負けてしまい、騙されたと思って入ったところ、びっくりするくらいに美味しくて「こんなに美味しいもの、食べたことがない!私が間違っていたわ!」と2人に謝罪した記憶がある。

そんなマクドナルドは現代発祥だ。マクドナルドは、アメリカ型グローバリズムや、経済合理性の象徴として、近年憎まれることが多いか、逆にフランチャイズの手法の成功物語として見られることもある。しかし、これじゃあ、十分に説明したことにはならない。

どうして、私達の生活に、ここまで入り込んだのだろう?資本主義が、長いこと商品化できなかったものは、家族と学校だった。高度資本主義の過剰商品化の中で、本来、家庭でまかなうべき「食事」を、マクドナルドが「外食化させる」ことに成功した、ということ?でも、ただそれだけだろうか?マクドナルドを考えることは、私達の本質的な問いだと思うんだ。だけど、本日のまいこには、答えがよくわからない。

はたして中世の時代から、ファーストフードって、ヨーロッパにあったのだろうか?英国のフィッシュ&チップスはどうなのだろうか?あれは、おやつなの?おやつの概念なのだろうか?じゃあ、世界的に、ファストフードが中世から存在していたのは、日本(江戸)だけなんだろうか?

スローフード、スローセックス、スローなんとか云々かんぬんってもんが、最近、流行っているけども、もたもた生きて、なにが楽しいんだろう(読者の方が引いている気がしますが、続けます)?

うーん。ファーストフードっぽいのを見たのは、フィッシュ&チップスの他には、スペインのタパス(小皿料理)かなあ。ちょっと生ハムとか、ちょっとガスパッチョ(トマト冷製スープ)とかを注文して、ビールのつまみにして、みんな立って、食べていた。これはしかし、アルコールのつまみみたいなものだろうから、ファーストフードとは言わないかもしれない。

ファーストフードは、考えたら深い問題かもしれない。歴史のあるファーストフードは、日本以外に果たしてあったのだろうか?で、私は、ファーストフードが必然的に生まれてくるような、社会と人々の「活気!」が大好きなんだけどナ。
posted by minemai at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.