2010年06月09日

キンドル、iPad、蚊

こんにちは。右翼でも、左翼でもない、たんなる過激派の、みねまいこです。一週間、お休みをしてすこし頭を整頓したら、これまで書いた文章の中で、良く書けたものは、たった以下の7つくらいだった。その他は、読んでも時間の無駄だと思うんだな。
自分のライブや音楽のこと
ライブハウス評論
私の高貴な老婦人のこと
オリンピック論
家族のこと
男と女のこと
フェミニズム。以上です。

神戸では、本屋の棚で名前を見かけるような有名な学者に何人もお会いできて、うれしかった。私もいつか、外国に研究と、仕事に行きたい!と思った。ただし平日昼間は研究に費やす、プラス夜は寝ないでライブで稼ぐ。なおかつ、週末は黒人教会で思いっきり演奏する。帰りにレコード会社まわりをしてチャンスをつかむ。家に帰って本を書く。最初に戻る。私の場合は、そんな多忙な生活になるだろうけど、それでも行きたいなあ。

今週の月曜日に、ひとつ報告せねばならないシゴトがあったので、週末はずっと英語を日本語に訳して(意訳)いたのだけど、すぐできると思っていたら量が思った以上に多く、あまり寝ていなかった。で、その報告が月曜日に終わって、夜に家路につく。地下鉄で。

ところで私は必要に迫られた場合、Amazonのキンドルという電子書籍を使っている。本(洋書)を丸善に買いに行く時間がないとか、手に入るまで時間がかかるとか、夜中で図書館が閉まっているとか、そのような場合には、1分でダウンロードできるので便利だからだ(総合すると紙の書籍の方がはるかに良いのだけど)。iPadは持っていない。だけど、最近キンドルを使っていると、よくiPadと間違えられる。これが、今日の前提ね。

そう、月曜日。夜の地下鉄で。iPadだと今日も間違えられて、視線を感じる。真向かいに座っていた、6人掛けの席の6人の男性全員がときどきちらちら、「あ、iPadじゃん」と、こちらを見ている視線を感じた。サラリーマン5人と、大学生1人。うーん、これはiPadじゃなくて、キンドルなんだけどなあ。と思いつつ、それを読みながら新規のシゴトをする。

地下鉄の中で、滅多にしたことはないのだけど、本日は睡眠不足のため、居眠りをしてしまった、キンドルを読みながら。そしたら、本気で眠ってしまい、つい「がくっ」と体のバランスを崩してしまった。キンドルは私の手から「つるっ」とすべる。やべっ。

私は眠りながら、それでも瞬間的に、落ちかけたキンドルの端を、かろうじて触れていた右手の指先の第一関節で、「くいっ」とひっかけた。そして、上に向かって軽くふわっと放り投げたわけ。キンドルが浮かんだ滞空時間を利用して、その瞬間に「くわっ」と目を覚まして中腰まで立ち上がり、蚊を殺すみたいに、両手を大きく広げて、水平に弧を描き真ん中ですばやく「ばちん!」。両の手の平でキンドルをはさんでキャッチ。ああ、やばかった。落として壊すところだった!ああ、どきどきした!

すると前からの視線を感じた。向かいの6人席全員が一斉に「ひいっ!iPadが壊れる!」両手を差し出そうかどうしようか、微妙な手の位置のまま、体を前につんのめらして固まっていた。しかもその恐怖の瞬間に、私の目が開いて、曲芸のような技でキャッチしたので、なおさら緊張したらしい。やがて安堵感が満ちて「コノヤローどきどきさせるなよなー」とでも言わんばかりの、恨みがましい顔でこっちを見た後、6人全員、コントみたいに同時に、深く席に座り直したのだった。大学生などは、よほど心臓に悪かったらしく、私が降りるまで何度もこちらを見ていた。

電子書籍なんて、通り過ぎる人類の想い出だ。久しぶりに、人間たちの全身の本能というか、野生が目覚めるような気がした。
posted by minemai at 08:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.