2010年03月03日

ファッションを語る(2)

洋服は好きだ。肉体改造そのものが好きな人もいるだろうが、洋服は肉体の上に、再び肉体のフォルムを創ることができるからだ。そして洋服を着ている人が歩いた後に残る、衣擦れのような気配も好きだ(でも、そういう人とすれ違うってのは、なかなか難しい)。

今まで、1人をのぞいて誰にも言わないでだまっていたのだけども、私は20歳くらいの頃、女の子と恋愛をしていて、一緒に暮らしたことがある。でも、同性愛っていうんじゃなくて(肉体的にどうとかもなく)、それでも私は彼女と結婚しようと本気で思っていたんだ。結婚の意味もよくわかっていなかった、ただのバカだと思うけど、長崎に新婚旅行に行く計画を立てたんだよね(福岡から長崎に新婚旅行に行くっていうのが、なんか一生懸命だったかも)。

で、彼女と出会うまえは、私はただの人だったんだけど、その彼女が異様に美人で異様にセンスが良かったので、ミヤケイッセイやヨウジヤマモトやコムデギャルソン、その他。あらゆる店に連れて行ってくれて、全身改造してくれたというわけ(それ以前は無印良品を全身着ているような、無頓着なコだった)。優しくてお金持ちの女の子で、いろいろ買ってくれたり、彼女が着ない服をゆずってくれたりしたっけ。

喧嘩をして彼女と別居して以降、すっかり私は考える人になってしまった。彼女の助けなしに一人で、世界で一番素敵な洋服を探す旅に出た。

つづく。

「沖縄に行くのなら、この日行こうよ。」
(勝手に、頼まれていないけど観光大使としてPRをつくってみた)
http://www.minemai.com/live.html
posted by minemai at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35942537
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.