2010年02月24日

ファッションを語る(1)

こんにちは。まずは宣伝から。
3/28(日)は、沖縄の那覇市、国際通りの野外ステージでライブをします。通りかかったら、来て下さい。
http://www.minemai.com/live.html


さて最近、ちょっと動揺してしまったことがある。オリンピックで、アイスダンスの課題で「民族」をテーマに踊るというものがあったわけだけど、このテーマはいったい誰が何を考えて、誰が出したのだろう?頭が悪いんじゃないだろうか。誰が喜ぶのだろう。うん、きっと審査員が喜ぶのだろう。意地悪い言い方をすれば、先進国が民族という名のもとに後進国の姿を、その表面的なエキゾチックさを見て、喜んでいるんじゃないの。「民族」に対する独自の解釈をしたチームもいたけれども、基本的になにか嫌な気分が残った。

ロシアチームのアボリジニの民族衣装は、アボリジニから抗議されていたことは知っていたけども、アボリジニ的なモチーフを使うことで、彼らはいったい何を表現したかったのか?私がアボリジニのとある酋長だったら(彼らのルールで女は酋長になれるのかしらないけど)、やっぱり怒るんじゃないだろうか。私たちの姿は、あなたがたのように格好悪くない!と言って。

格好が悪い。そう、その一言に尽きる。格好悪い格好は、格好が悪いからすべきじゃない。その点、日本の代表選手の「着物」は後味が悪い。ロシアチームがアボリジニをやる、というのには、無知ゆえの残酷さがあったけども、日本チームが日本をあのように表現することは、まじめな話、やっちゃいけないんだよ。それが西洋の審査員が気に入りそうな、解り易い日本だったとしても、媚びちゃいけない。

ミンストレルショーという悲しいショーがアメリカにある。黒人を戯画的に描く歌あり踊りありの舞台で、顔をラッツアンドスター(だっけ?)のように黒くし、そしておもしろおかしく黒人を表現し、目をぎょろぎょろさせる。それを白人が見て喜ぶ。その際、黒人は、自分の皮膚の上に、わざわざ黒い顔料を顔に色を塗って黒人っぽさを誇張し、そして自分からバカなことばかりをやってみせて、明るく白人を喜ばせる、そんなショーだ(書いてて落ち込みそうだ)。

本当に日本をテーマにやるんだったら、男性選手は下にズボンをはいてはいけない。女性選手は着物のすそがぱっくり割れていたわけで、そもそも足を180度近く上げるのだから、スポーツに着物はぜったいに無理があるんだけども、それでも着物でやりたければ、パンツをはいてはいけない。なんかよくわからない方向に行っているけども(笑)。白木屋の1932年の火災の際に、女性店員が多く亡くなってしまったのは、はしごで救助される際に、下の見物人から自分の女性器をのぞかれるのが嫌だったから。私達がパンツをはくようになったのは、たしかかなり最近のはず。

もし私が「民族」なんていう、厳密には誰も定義できないような、エキゾチック趣味のふざけたテーマで何かやれと言われたら、裸で出場する。「みねまいこ、人類を表現します!」と宣言するのだ。
posted by minemai at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35557330
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.