2010年02月17日

オリンピックでぴっくぴく3

冬季オリンピックが始まった。開会式は、冗談のようにつまらなかったので、妙に落テンションが下がった。

さて、国母選手の「服装の乱れ問題」が浮上した。彼のチームメイトがブログで「やはり武士の心が大事」という主旨のことを述べているらしいので、私が前回、朝青龍のはなしで言った武士道のことは、当たっているのかもしれない。しかし私はべつに国母選手には興味がない。彼のファッションにはオリジナリティがないから。日本チームからは外れていている一方で、彼は典型的な、すごくありがちなファッションのバランスを全身なぞっているだけだからだ。彼の形式のあるファッションと武士道は非常に親和性がある、叩かれているけども、実は彼の本質はサムライではないだろうか。

それでも見逃せないのは、「服装の乱れ」が国中でこれほど問題になるってのは、きっと深刻なことだってこと。日本は何かあると武士道に回帰するってこと自体を、取りあげないといけないと思う。ちなみにアメリカも何かあると「建国の理念」に回帰するので、これまた嫌な国だなと思うけども、それでも星条旗を燃やしていい。そんな思想の自由を認めた、最高裁での判例が過去にある。

なにはともあれ、フィギュア・スケートが一番見ていて楽しい。ロシア代表の川口選手へのインタビューで気になったのは、日本のレポーターがペアのロシア人男性の方に質問する際に、彼女にロシア語の通訳を頼んだことだった。失礼だな、と思った。彼女はロシアを代表して、試合に来ているのに、しかも忙しいのに、馴れ馴れしいやつらだな、と思った。通訳を準備していないのなら、はじめから、彼女に通訳をしてもらう算段で現地に乗り込んだということなのだろうか。

ロシアといえば、前回金メダルのロシアのプルシェンコは、3年休んで、ガールフレンドに「あなたまだ、やれるんじゃない?」と言われてその気になってそれで現役復帰した。そして復帰後の世界大会で優勝した際に「3年間頑張って来た他の選手に、(3年間遊んでた?)僕が勝ててうれしい」と言った。それを聞いたら、世界中の真面目にがんばってきた男子選手はあたまに来るよな。ちなみに彼の周囲のスタッフはどこか皆あやしい。怪僧ラスプーチンみたいな人が、常に右か左側いる。

男子フィギュアのショートプログラムを見ていて、ひとつショックなことがあった。ずっとルックスが素敵だわ!と私が思っていたある選手が、妙なコスチュームで、ピンク色のひもで体を縛り上げるようなセクシーなデザインだし、唇の色が赤すぎるし、気合いの方向性がなにかヘンだなと。そしたら、試合後のスコアを待つ場所で、演技を終えた安堵感からか、彼が何やらはしゃいで話しているのをマイクが拾った。その喋り方が(英語なんだけど)、はっきり言って、おすぎとピーコさんたちの喋り方にそっくりなんだ。世界共通なんだな、と思い、それが、勉強になった(笑)。

いっぺんにいろんな国の人の言動を知ることができるから面白くって、見ているんだけど、日本人のコメントがけっこう不思議だったりもする。「五輪には魔物がいる」とある日本人選手がコメントしていて、バンクーバーなのになにやら『陰陽師』みたいな雰囲気だなと思ってつい笑ってしまった(ごめんね)。中には負けた際に「応援してくれたみんなに申し訳ない」と言って泣いてる選手もちらほらいて、日本人選手には周囲に気遣いの出来る、あまりにも良い人が多いのだろうか。エミール・ガレの作品『好かれようと気にかける」という題の、蛙の形のガラス工芸を思い出す。

かつての水泳の千葉すずさんは正しいと思う。メダルが欲しければ、自分で取るべきだ。みんなの気持をバンクーバーに持っていく、ここまでこれたのはみんなのおかげ、と言っている選手も、そう言わせている日本の応援して挙げている人達も(私は断る)、見ていてなにかテンションが下がる。ふてぶてしい、人をバカにしたようなプルシェンコと、常に側にいる怪僧ラスプーチン似の人の方がはるかに面白い。

おそろしいことだけど、スキーの「日の丸飛行隊」が空を舞った。まだそんな言い方をするってどういうことなのかと思ったけれども、今は非常時なんだろう。そう、オリンピックは非常時なんだ。安全に世界大戦をやっているに等しい。そういうものは、ひとを興奮させるんだ。それに私も興奮しているんだな、と思って、自分で恥ずかしくなった。でも、つづきをまた書くかもしれない。

オリンピックでぴっくぴく1
http://minemaiko.sblo.jp/article/18200850.html

オリンピックでぴっくぴく2はこちら。
http://minemaiko.sblo.jp/article/19129007.html
posted by minemai at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35378650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.