2009年07月01日

Nothing but death can keep me from it 死ぬまでやるのよ

おはよう。

まずは、お知らせ。世界激場のサイトを、下記の場所へ、引っ越しました。自由参加のJIYU-KENKYUも毎月やっています。次は、7/5(日)です。どなたでも、お気軽にご参加ください。
http://sekaigekijou.jugem.jp/

最近は、何を読んでも、見ても、たいがいのものがつまんない。自分の感性が摩滅したわけじゃなくて、本当につまんないの。もうぜんぶが色あせて見えてしょうがない。仕方がないのよ。世界最高レベルを垣間見ちゃったんだもの。

先日、日本の総理大臣よりも偉い人に頼み事をした。なおかつ、キューバのカストロ級のスケールだよなあ、あの方は。その人を相手にものを申すわけだから、その準備のために、心と頭を全力で使ったんだよね。パソコンの記録をみたら、900分も下書きしてた。それ以前の下調べの時間も入れたら、どれくらい集中したかなあ。これでうまくいかなくても、もういいよ。スケールの大きな失敗は失敗するだけの価値が絶対にあるわ。そう思ってやってた。

そしてこの話はここで保留。私はとても幸せです。次は密度が勝負なの。

さて、この長雨。近道を通ろうとして、閉まっている門をジャンプしてよじ上り、敷地に入った。飛び降りたら、足がじーんとした。しかも、うっかり赤い傘の骨を「くの字」に曲げてしまった。

ヘンな形の傘のまま、侵入した敷地を早歩き。しかし、行く手にはなんと鉄条網が張られていた。マンガじゃないんだからと自分に言ったけど、あらゆる出口に鉄条網が張り巡らされていた。いつからこんなもん張りやがって、いったいだれが張ったんだ(敷地の管理会社でしょう)!子どもの頃に読んだ『トム・ソーヤーの冒険』に出てくる、洞窟に閉じ込められて餓死するジョーの姿を一瞬、重ね合わせた(大袈裟)。

前方に進むのだ。きっと、ここから出られるわ!鉄条網のわずかな隙間を、身をよじらせて外に出ることに決めた。全身をリラックスさせて、少しずつ身をよじらす。頭、首、肩、指先、胴、腰、足、最後に足の先、鉄条網に引っかかりそうになっては、慎重に、息を殺して、なおかつ流れるように。

結果は大成功。さ。次は、荷物。人の気配がしたので、物陰に飛び込んで隠れた。いったい私は、何をやっているんでしょう(笑)。小動物のように出て来て、鉄条網の向こうにおいてたバッグも、傘も、こちらがわに、ひっかけないようにして、そっと隙間をくぐらせる。静かに。静かにね。これも、成功。一カ所だけひじのところ、ジャケットをすこし、破いてしまっていたことに気づいた。大好きなYohjiのジャケットが。

これを読んでいる皆様。愛で突っ走って幸せにおなり。
posted by minemai at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30210533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.