2017年11月30日

思い出した頃に「ポスト・キャピタル(デモ・付加版)」みねまいこ+サクラダ

皆さま、こんにちは。
しばらくぶりに、このポスト・キャピタルという曲を、京都のサクラダさんが、編曲し直し、コーラスも入れて曲を作り替えてくれました!やったね!



じつは今回、私の貢献度はあまりありません。 やっぱり京都のサクラダさんは、素晴らしい。

次回の更新は、1月31日(日)です。
私は、クリスマスと正月は何かをあおられる感じが嫌なので、12月の更新は飛ばします。
posted by minemai at 21:24| 日記

2017年11月03日

イータリーはノット・イタリー

この間のこと。海外生活の長い友人から、なつかしいイータリーというイタリア食材兼レストランの支店が東京駅にできた!と教えられ、世界中のどこのイータリー行ったこともないけど、仕事の帰りに一人で行ってみることにした。

夜は8時を過ぎて、東京駅の地下だというのになんという活気。レストランは一面、すべて満席。ワインを片手に、イタリアの高級でオーガニックな食材でこしらえた、こじゃれたイタリアらしい元気の良い色味であふれた料理を囲んで、だれもが幸せそう。なんというか、だれもが今、幸福感を感じていることの幸福感にひたっているみたいな感じ。

満席だったので帰るとしよう。が、空腹で目眩がする。お。食材コーナーのレジの周りに、イートインスペースがあるではないか。基本的には椅子はなく、立ち食いのためのテーブルが、たくさんあった。そこでサンドウィッチの作りたてを買って食べることができる、というわけ。それを試してみるとしよう。立ち食いは駅の蕎麦屋以外は、したことないけど、九州の田舎で昔みた、角打ちという酒屋で立ったまま塩っぱい小さいつまみでお酒をのむ風習を知っているし、立って食べた経験値は低いが、たぶんやればできるだろう。

炭酸水の1リットルの大ビンを買って、ひとつのテーブルの上に置き、そのテーブルを自分のために確保した。椅子はもちろんなし。そのあとで、サンドイッチを目の前で作ってもらうのを待つ。たかがサンドウィッチで、高いな。でも、イタリア的な明るい人生を味わえれば、安いもの。さささ。サンドイッチを受け取って、確保してあったイートインのテーブルを振り返ると、さささ、サラリーマンが。

白ワインの入ったグラスワイン一杯をそばにおいて、お皿には、冷たそうなひらべったい、色が薄くなってるトマトソースのピザが一切れ。ナイフとフォークで小さくして、食べようとしている。このやろう。私の炭酸水、この人に取られちゃかなわない。で、こっちもお腹が減ってるし、なんかムカつくしで、炭酸水を右手でぐわしっと取って、きっとにらみつけた。

するとサラリーマンは、「すみません」と言ってナイフとフォークを置こうとしながら動揺している。彼の首には、会社の社員証が、緑色のひもにぶらがっていて、そのひもが、まだ仕事の途中で、夕ご飯を食べに地下のイータリーに来て、そのピザとグラスワイン一杯飲んだら、オフィスに帰ることを物語っていた。

私ときたら、条件反射的に、無視してしまった。そして、どうしてこんなに、イライラしたんだろう。まいちゃんったらどうしちゃったの。後悔と同時に、自分の恐ろしい態度、「無視」に、驚いて、で、その後、後悔するのだった。

きっと外国語だったら、にっこり笑って、「大丈夫ですよ」みたいな、普通の対応をしたのかなって思う。でも、キっとにらんで、無視してしまったのは、こんな時間まで仕事して、まだ職場に戻るっぽくて、なおかつ、立ってうすっぺらいピザを食べてて、他人の炭酸水がぼんっとテーブルの上にあることさえも気付かない程、疲れきっている日本人の姿に、言いようもない悲しさと、自分の姿を見て、なおかつ、それを認めたくなかったからだ。

で、結局、サンドウィッチと炭酸水を持って、店を出て、家で食べることにした。サラリーマンに、悪かったな、と思いながら、電車に乗って、今夜のことを整理する。

やはり、立ったままナイフとフォークを使って食べることは、やってはいけないのではないか。夕ご飯に、ピザ一枚は良くないのではないか。そして、立って食べさせても、客は喜ぶと思っている店は、いくらコじゃれてたとしても、客をなめてるんじゃないか。立ったままでも貧相ではないのは、飲み物のレベルまでなのではないか。その後、そんなふうにいろいろ考えて、出た結論は、余裕のなさと、闘わなきゃならんってこと。なぜなら、余裕がないと、何も考えられなくなって、日々を消費するだけになってしまう。

この店はきっと、イタリアの食材だけでなく、イタリア的な余裕とか、明るさとか、天真爛漫さとか、食への飽くなき情熱とか、ローマ帝国とルネッサンスとの遺産と貯金だけで21世紀まで生きてきたノー天気さとか(失敬)、そんなイメージも売る場所なのではないか。イタリアを演出しても、東京駅の地下という空間は、余裕のなさによって浸食されてた気がして、イータリーはやっぱ日本だわ、って思ったのだった。ちゃんちゃん。

次回の更新は11/30(木)です。
posted by minemai at 19:33| 日記
Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.