2010年05月12日

Ivo Pogorelich

という男がいて、怪演ともいうべきピアノを弾くのだが、それはそれはいい男だった。そして危ない男が私は好きだ。今日言いたいことは、この2言だけだ。

開演前にアナウンスが流れて「本日、休憩はありません」とのこと。悲鳴に近い観客の声が一斉にあがる。結局ぶっ通しで3時間。途中で脱落者が次々に帰っていった。この人の演奏を嫌いな人は、大嫌いだと思う。でも、彼の音は、すばらしかったし、ショックだった。リストもショパンもラベルも、みんなみんな現代音楽に聴こえる。一音一音の響きを響かせたい様子。曲の起承転結、紆余曲折のような流れと展開は、彼の一音一音の響きの、深い底に沈んでしまった。曲の全体の構成は、目を凝らしてもよく見えない。なるほど「ふふふふふ。僕がぜんぶ、新しく編曲しておいてあげたからね(はーと)。」という、ノリなのかもしれない。

演奏が終わると、立ち上がり、グランドピアノをもくもくと片付け始めて、椅子をもとにもどして、観客の笑いを誘っていた。ああ、「アンコールはないよ」ってことね。こっちも、もういいよ、休憩なしで3時間はきつかった。

回転ドアをくぐると、立ち止まる。こんな演奏を聴いた後で、どうやって家路につけるのだろう。どうやって今まで通りの生活が、平和に送れるのだろう。ふらふらになりながら、まっすぐ家に帰れそうにない。酒だ、酒だ。というわけで、毎日新聞ビルの最上階のホテルのバーに行く(日本語がヘンなわけではなく、建築構造がヘンなの)。でも、あまり飲めずにお酒は残して(興奮状態のあまりウォッカを注文してしまったので、当然といえば当然)、生ハムメロンと、紅茶を追加でがぶがぶ飲んで、妙な組み合わせで胃がへんになり、やっぱりふらふらと外へ出て、川を見る。中洲の川だった。中洲のネオンは本物よりも、ゆらゆらと川に映っている方がきれいだと思った。

話を元に戻す。あんな演奏を聴いた後で、どうやって普通の生活が送れるというのだろう。

無理だね。

だから、早く早く一刻一秒を争って、ここを出なければなりません。どんどん先へ行かねばなりません。結局のところ自分の正直な気持を、捨てては生きられません。だから、そのように自分が思った通りに、何かをしなければなりません。自分の願望を認めなくてはなりません。自分の願望こそを、強く強く意識しなくてはなりません。


Ivo.jpg

posted by minemai at 00:00| Comment(0) | 日記
Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.