2010年03月31日

沖縄国際アジア音楽祭

「総評」
すばらしい音楽祭でした!そしてあまりにも大規模。福岡ではMUSIC CITY天神なる音楽イベントがありますが、それを上回る規模の、県単位のイベントでした。なのに、ひとりの若い女性が実行委員会のトップに立って、ものすごい人数のスタッフが組織されていたこと。しかも彼女はずっと私のようなストリートの出演者とも、これまで数ヶ月にわたり何度も個人的にメールで打ち合わせを行ってきたわけです。いったいどうやって全体の仕事も、細かい仕事も、同時にこなしたのか?まず、そこにびっくりしました。そして、その他のスタッフの方々の歓迎ムードと、組織的な優秀さにも驚きました。要約すると、みなさんお祭りに対する集中力がすごい。だから私は、音楽で頑張ります!

というわけで、がんばった結果がこれだよ。翌日3/29の朝刊『沖縄タイムス』に写真が載りました!(一番右が、あなたの町の、みねまいこ)

^CXP.jpeg



「3/27那覇空港」
3/27に空港に着きました。飛行機を降りていきなり垂れ幕が。別の場所には、ガラス張りの空港の3階から2階部分まで垂れ下がった、もっと大きな垂れ幕も。思わず撮影しました(今回は、カメラマン同行です)。

e`.jpeg

夕ご飯に、伊勢エビのお味噌汁と、ハリセンボン(アバサー)の唐揚げと、海ぶどうを公設市場でいただいたら、ホテルに帰って早く寝ました。明日は3ステージあるからです。ぐー。

「3/28 くもじspot 14:05」
晴れです。昨日の寒さが嘘のよう。午後2時05分。国際通りのくもじspotで歌い始めます。通行人が多いけども、立ち止まって聴く人は少なし。その方が、燃えるぜい。

spotP.jpeg spotQ.jpeg

途中で電気が来なくなって、音が止まるというトラブルがあったり、スピーカーの片側からしか音が聴こえなくなるなどのピンチもあったけども、スタッフの方はよくしてくださいました。個人的には、昨年ニューオリンズの路上で修行した経験が生きたのか、ぜんぜん気にならない。ただ、気になったのはねえ。

spotR.jpeg

キ印のおじちゃんが近寄ってきて、私にコーチを始めたことです!その方はポロシャツのポケットに2本、「うまか棒」をさしていて、それだけで十分やばい(笑)という感じだったけど、歌いながらふと思い出したことは、そう。沖縄は日本で一番、精神病院の数が少ないのです。地域で見守る、というやり方で、病院に閉じ込めたりしないのです。それは、良いことだし、すごいことだと思います。そして知っています。こういうタイプのキ印の人は、絶対に他人に触れたりしないのです。距離を保ったまま「キ印」でいるんだよ。

spotT.jpeg spotS.jpeg

初めはちょっとびびってた私。目が助けを呼ぶ。しかし、歌いながら、よく聞けば、そのおじちゃんの言うことが、的を得てるわけ。「疲れたら、顔がこわくなる!スマーイル!そう!その顔!いいよー!スマーイル!OK!かーわいー!」(コーチを受けて、私も一生懸命応じている)「よーし、よーし、今、良い声が出た!よくやった!すごい!OK、OK!いただきました!あ、ダメ。スマーイル。そうそう。かーわいー!OK!」(コーチに褒められてちょっとうれしい私)それで、その後20分間ずっと、コーチの指示に従って、歌い続けました。私の歌が終わると「持ってかえりたーい」と言ったけど、やっぱり何も危害を加えずに、霞のようにどこかへ消えて行きました。
spotU.jpeg

キ印の人は、異能者に近い気がする。今思えば、このコーチの出現は、私にとって何かの予兆でした。

くもじspotでの演奏の後、疲れをとるために、散歩(じっとしてなさい)。路地で、黄色い猫と「長男」と書いたTシャツの、「那覇の一休さん」みたいな少年に出会いました。彼に話しかけて、人生相談にのっていただくことに。触っても手を洗う場所がないよなーと思ったので、手の甲で猫をなでたのでした。自分の都合のよいときだけ動物を可愛がる、みねまいです。

Lx.jpg


「まつおstage 16:35」
私の前の台湾から来たというCheshire Cat柴郡猫(猫という漢字は難しい方の字)さんは、とてもよい演奏でした。透明感のある声のギターの弾き語りは、嫌いな人はいないんじゃないかな。日本語のMCが上手い。私は中国語でも日本語でも、あんなさりげないMCはできない。感心してしまいました。

私が歌い始めたら、なぜか人が遠巻きに(笑)。どこか良い雰囲気のある日本人のお客さんと、外国人ののお客さんと、その他、国籍不明のお客さんが、立ち止まって見ておられた気がします。
?stageP.jpeg ?stageQ.jpeg


そんでさ。特筆すべき点は、まつおstageのPAさんが優秀で、とんでもないセンスだったの。一度私のいるステージの中で小さな音の宇宙を作って、その後で、外側の拡大する宇宙に(国際通り)音を伸ばしていくような、そんなイメージの音作りだと思いました。だから、私は演奏だけに集中できるので、これまた良い音しか出ない。狙った音、狙った音、すべてが意図したように当たっていました。この最近の3年間のうちで、このステージは、ベストパフォーマンスでした。だから、このステージを見た方は、ラッキーです。
?stageR.jpeg  ?stageS.jpeg

ちなみにCDもよく売れました。生まれて初めて、白い真新しい色紙にサインを頼まれたのですが、サインなどこれまでいつもただ名前を書くだけだったので、色紙にそれでは見栄えが悪かろうと、即席でデザインして書きました。今後も、この日、アドリブで大胆に作ったなんちゃってサインを使っていきたいと思います(魚とハートが入っています)。
?stageT.jpeg

私の次に演奏された、岡村聡士さんのバンドは、すさまじく上手でした。うちのバンドもそれくらいに鍛えて、今度は一緒に連れて来たい。だから鍛えよう。そのためには…と、鬼のようなアイデアを次々と考えながら、夕食をとりに行きました。この日の夕食は、戦後すぐから、ずっとやっている老舗のステーキ屋に移動しました。沖縄スタイルのステーキでした(食べるのにいそがしい、写真なし)。

「ファイナルステージ 20:00頃」
県庁の前の広場に大きなステージがあり、その裏手にある、控え室へ通されました。野外の控え室はテントなんだけど、その中でいろいろなミュージシャンとお話。伊藤水季ちゃんという女の子とお話しました。ロスからきたPaul Datehさん(バイオリン)と、サポートギターの方とは英語で。みねまい、にわかバイリンガルに変装(変身)です。他にもいろいろな国から出演者は来ていました。

ステージではムードのある多和田えみさんと、爽快なSOUTHさんと、All Japan Goithさんらが爆発的な演奏を繰り広げました。基本的に管楽器は大好きなので、Goithさんらの演奏では、控え室を抜け出して、ひとりぼっちで音楽に合わせて私はステージの裏でわーわー、飛び跳ねていました。そうしたら、スタッフの方が「これから、ファイナルステージの打ち合わせをしますよ!みねさん、控え室に入って下さーい」と声を掛けてくれました。この暗がりの中で、名指しで注意を受ける私ってどうよ…(笑)と反省しつつ、「はーい!」と返事をして…。

曲は忌野清志郎さんの『雨上がりの夜空に』。ステージに上がります。この沖縄国際アジア音楽祭のフィナーレを飾るにふさわしい。みねまいこさん!と名前を呼ばれて、はい!と、手を振りながら登場。全員が上がったところで、安里副知事からのご挨拶。琉球王国の時代、色んな国と交易をしながら、平和に暮らした沖縄は、世界中からミュージシャンを呼んで、音楽を通じて世界に平和を発信するのにふさわしい場所だ。という内容の話で、とても心のこもったよいスピーチでした。

t@CiXe[WP.jpeg m.jpeg 

で、音楽がはじまりました!熱唱します。みねまいこ、脇役のはずなのに、目立っています。ただのバカです。ひたすら歌います。ドレスは、Yohji Yamamoto
でした。友禅染めの麻のドレスです。サイズがあまりに小さくて、誰も入らず、売れ残っていたのを、リーズナブルにゲットしたものです。本来は非常に高価だし、色の出方や、カッティング、縫い目のリズム感、全てがすばらしい、天才が作ったドレス。

t@CiXe[WQ.jpeg t@CiXe[WR.jpeg t@CiXe[WS.jpeg

左右に揺れています。
t@CiXe[WT.jpeg

これで、みねまいこの出来上がりです。
t@CiXe[WU.jpeg

おしまい(最初の『沖縄タイムス』の記事にもどる)。

「深夜の部」
疲れたけども、このくらい疲れてちょうどいいのです。私はいつもエネルギーが有り余っているのです。そして、沖縄民謡を聴きに行きました。「島思い」というお店へ。彼女はあまりにもお美しい方でした。名人、大城美佐子さんの歌に涙し、プロの三線の弾き手でなおかつ、三線を作っていらっしゃる知念氏から、直々に三線を習ったのだけど、「お誕生日の歌(ハッピバースデー)」と、「僕の名前はやんぼー。僕の名前はまーぼー。二人合わせてヤンマーだー。」のCMの2曲を課題曲とし、それらをわずか10分で弾けるよう、ご指導くださいました。面白かった(笑)。

mO.jpeg
左の固まりは、真剣に練習中のみねまいこ。

お店におられたお客さんの数人が「あ、今日国際通りで歌っていましたよね?」と気がづいて声を掛けてくださったのには、照れる気持ちがしました。深夜を過ぎて、またさらにお客が多くなったので、そろそろ引き上げることに(沖縄の方々は、いつ眠っておられるのでしょうか)。

すばらしい、沖縄国際アジア音楽祭でした。
posted by minemai at 17:26| Comment(0) | 日記
Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.