2010年01月20日

初期化

2008年の1回めの開催以降、2年に渡って暖めていた世界激場2のアイデアは、アイデアそのものを公開しないまま、残念ながら実現できなくなりました。詳細はこちらです。

http://sekaigekijou.jugem.jp/?eid=30

私は今後、実行委員長を辞任して、裏方にまわり、もう一度世界激場2の開催のためにがんばろうと思います(結局まだ、やるんかい!)。

今後も、ご興味のある方は、世界激場をよろしくお願いします。

今回、がっかりしながらも思うことは、諦めないで、自分が面白いと思ったことをやることは、いいことだな、ということ。めちゃめちゃに勉強したし、いろんな人間に出会ったんだよね。今回何も反省しないで、今日も突っ走ろうと思ってる。

ただ、事前の企画の段階で厚意を頂いた方に対して、信頼を失うことをしてしまったので、今後のことを思うと、別の実行委員長に舵取りを交代した方がいいだろうと私は判断したわけ。私は裏方にまわり、石炭を炉に投げ込む係になる。火を扱うのは得意だ。

先週の金曜日に、一緒にやってるTARJEELINGの聡さんと夜中近くまで近所のカフェで話し合って、彼がこう言った。「委員長を辞めるというならば、こちらから2つ条件があります。まず、理由をみんなに説明すること。つぎに、実行委員長の仕事がなくなれば時間ができるわけだから、Newアルバムを創ること。どんなにあなたがぶつぶつぶつ(....みねまいこがわがままで口も性格も悪くてと言いたいのか?この男は)....いい音楽を創れば全てがゆるされるんです!!」

そうきたか(というわけで、ひとつめの条件に関しては、先ほどのリンク先でこたえている)。彼はけっこう声を荒げて2つめの条件を言っていたのだが、聡さんの愛のある説教は、意外な展開だった。お姉さんもびっくり(私の方が年下なんだけどさ)。

世界が私を呼んでいる。
posted by minemai at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.