2009年12月30日

お別れ

こんにちは。みねまいこです。お元気でしたか?私は、全世界に無作為に愛を配りたい気持。なぜならば、一番仲良しの80歳を超えた女性が、先週急死してしまったから。なんてことになったんだろう。昨日まで元気で、今朝とつぜんに死ぬなんて。すぐに東北に飛んで、葬式をやって、でも骨をひきとる人がおらず、私が箱に入れて福岡のマンションに持って帰った。毎日骨に話しかけて泣いていたら、鳥が鳴いた。だから外に出て、仕事をして、お金を稼ぎ、消費して、浪費して、着飾り、冬の中で、社会生活を営むことにした。

12月19日は学会で、東京の青山学院大に。その前の2週間はあまり寝ておらず、ずっと準備に追われた。本番の1日前に東京に入ることにしたのは、原宿の行きつけの美容院に行きたくなったからだった。また偶然、18日に所属事務所の制作した映画のプレミア試写会があって、社長から招待を受けていた。しかし私がその日宿泊するホテルでごたごたしてしまい、社長がいろいろ別のホテルを手配してくれて、さんざん世話してくれたにもかかわらず、結局自分が気に入ったホテルを自分で勝手に見つけて行くし、プレミアも欠席という、勝手なことばかりしくさって、それでも夜には、社長は海外ロケのジャスミン茶の葉っぱを持って、ホテルに会いに来て下さった。素敵な事務所でよかった。

当日は、疲労困憊でよく覚えていないのだが、日本全国からトップレスの、まちがったトップクラスの研究者が集まっていて、めんくらってばかり。発表の内容は、「黒人の名前」について。音楽でも、ラッパーとか、不思議な名前が多いと思いませんか?「モスデフ(一番、耳が聞こえない)」「アイスキューブ(角氷)とか「Jay-Z」などアルファベットがちょこんとついていたり、他にもいろいろね。彼らの名前の習慣やセンスやを奴隷制度までさかのぼって、分析した。報告の後で質疑応答があったのだが、うまく答えられないことがあり(笑)。そうしたら後で、会場に駆けつけてくださったファンの方が、「あのですね、みねさんはこういうことが言いたかったんじゃないでしょうか?」とメモをだだだっと見せてくださって、私は「なるほどー。たしかにこういうことが言いたかった気がしますー。」なんて、ファンの方に全面的に助けていただきました(笑)。ありがとうございました(そんなことでいいのか?いいのだ)!

その夜は、緊張から解放されて、多くの有名人の研究者に直撃インタビューをして、お話してもらって、ワインを飲んできゃあきゃあ言っていたのだけど、ホテルに帰っても眠れない。テレビもつまらない。コンビニエンスストアで漢字学者の白川静の関連の本を見つけて買ってぱらぱら読みしても、遠い気持。

そして朝、連絡があって、彼女が死んだという。急死だ。窒息死だ。事故で、喉がつまったって。彼女の部屋を整理していると彼女の引き出しの中から出さないまま忘れちゃったらしい手紙がみつかった。「みねさん。冬の衣類をたくさん送ってくださってありがとう。とくに長い靴下は助かります。(省略)わたしはここは好きではありません。(省略)」そんな手紙だった。そうなのだ、彼女の痴呆が進んだので、この10月に、私が血も涙もなく、彼女を有料老人ホームに入れたのだった。私には2010年に福岡でやらねばならないことがあったから、すぐには一緒に暮らせないと思っていた。今でもその気持は変わらないけど、はっきりしていることは、私の心は孤児になった。とりかえしがつかないことをしてしまった。

彼女とのこれまでの記録は、こちら。
http://minemaiko.sblo.jp/article/33258341.html
http://minemaiko.sblo.jp/article/18462529.html
http://minemaiko.sblo.jp/article/10697775.html

photo_95.jpg
posted by minemai at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.