2009年11月19日

みんな元気

こんにちは。イタリアのRAIのradio1、番組編集局からメールがきて、11/27-29の期間に、どこどこに音源持って来れる?と書いてあった(と、思う。むかしラテン語をやった経験がぜんぜん生きず、ほとんど勘で読む)。みんな元気だな。私は困る。日本で全身で取り組まなきゃならない仕事がある。というわけで、ファンの方からメールをいただいているんだけど、返信しないよ、ごめんね、でもちゃんと全部拝読してます。ありがとう!

そんで、元気なのはイタリアの音楽関係者数人だけでなく、アイルランドから来たSnigelだ。彼は高校時代の親友だ。私+男3人でつるんでいた頃があり、私が「なんか私、 Aくんが好き!」だなんて脈絡もなく言い出して、一方でBくんが私のことが好きらしい。それでSnigelが「困ったね。どうするよ、おめー」と、相談に乗ってくれていた過去がある。フットワーク軽やかに、すみやかにAくん、Bくん、そして私の間をとりもち、まるで国連のコフィー・アナンのような力量をみせ、Snigelのおかげで4人仲良く過ごしていた、という恩がある。

この交渉の力量みたいなものに、ヨーロッパで音楽活動するときに助けられてきたわけで、今年はSnigel不在で、なにもうまくいかなかったんだよね。お前、何しにいったんだ、みたいな。何回か失敗するだろうけど、Snigelのようなちょっと特殊な力量のある人と、もうちょっと大きな舞台でいっしょに仕事ができるようになるために、雨の日も風の日も努力するしかないでしょう。

質問。最近、私の周りには優秀な敵がいっぱいで(程度の低い敵は無視します)、ずいぶんたたかれたりもするんだけど、それによって、がぜんやる気が出るのはなぜでしょう。答。それは私が元気だからです。
posted by minemai at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月12日

胡美芳(こびほう)さん

彼女の訃報が朝日新聞につい昨日出ていた。彼女の歌を聞いたのは1991年か、1992年頃だと思う。私が10代の頃オルガンを弾いていた大分の教会のクリスマスチャリティーコンサートに来てくれたのだった。牧師が「このコ、まいこちゃんです。」と紹介してくれて、「私も...将来、歌手になりたいんです!」とかなんとか叫んで、握手してもらったんだよね。

教会コンサートの出演者というのは、「上が白い清潔感のあるシャツで、下がたいてい黒」というドレスコードが暗黙のうちにあり、それに従うか、もしくは貞淑さを自己確認しているような地味なワンピースとか、たいていファッションがクソみたいにつまんないんで、のっけからげんなりするものなのだけど、彼女だけは違ったので強烈に覚えている。ひとことでいえば、「場違い」。ふたことでいえば、「気合い、十分」。

体の線がはっきりでるスパンコールのチャイナドレス、スリットが入っていて、「ここってどこ?」と思うような羽のうちわを優雅にあおぎながら、スポットライトを浴びて登場。そして歌ってくれたのね。田舎のキリスト教会のクリスマスにもかかわらず、上海の波止場の風景が見える気がした。化粧もはっきり色が出ていてね。すごくいいなあ、と。なんと衣装替えもあって、アンコール。賛美歌も歌ってくれて、なんとまあ華やか。すばらしかったんだ。

小さいことにこだわっていたら、ダメだ。自分まで小さくなる。胡美芳さんなんて、日本と中国とがせめぎあう場所に立って、ひとりで歌って頑張ってこられたんだものね。前の戦争で家族と離ればなれになっても。ラジオの電波は海をこえるから、中国の家族に、自分の歌声で安否を知らせていたんだものね。

最近、カッとなると喉まで出かかって、でも言うのをやめるセリフがある。「細かいことを気にしていたら、てめー。キン玉小さくなるゾ!」と。胡美芳さんが男だったら絶対にキン玉大きかったはず。私だってきっと大きいはず。今、全員がひいちゃうようなことを平気で言っているとは思うけど(なおかつ訃報の記事を受けて考えるにふさわしくないけれども)、思想=キン玉は大きい方がよい。もう、わけがわからないけども。

ばいばい。胡美芳さん。「歌と自由」と「きらきらした気持ち」をいっぱいどうもありがとう!
posted by minemai at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月04日

ミノタウロス語族

ハロウィンがあって、友人のyuriさんらとキャナルシティという博多のショッピングモールの噴水前に集まる。今年の私は、ミノタウロス(顔が牛で、体が筋肉ムキムキの男、という怪物)になることにした。ミノタウロスは、ピカソの絵にもよく出てくる。「お母さんが王妃で、お父さんが牛という、強烈な出生の持ち主。好きな食べ物は人肉。迷宮(ラビュリントス=ラビリンス)に閉じ込められていて、アテナイの正義面したヒーローに退治されてしまった...らしい。」※以上、カギ括弧は百科事典『マイペディア』を参照した上で、自由気ままな解釈を付け加えています。

私はその出生の悲しみと怒りを、全身で表現してみたのだった。隣はバニーガール、猫。そしてジェイソン君。ミノタウロスに、血染めのTシャツを、真っ赤なシャネルのマニュキュア(No.159 FIRE)で製作したけど、結局のところ、顔が牛なんだか?馬なんだか、ただのよくわからない生き物になってしまった(笑)。
20091031200016.jpg(撮影:yuriさん)

二次会は、先日行ったチェコの人形(化け猫)を使って皆さんの前で出し物を。というわけで、そんじょそこらのハロウィン騒ぎと一緒にしてもらっちゃ困るんだよね。
20091031203240.jpg(撮影:yuriさん)

今回ミノタウロスになってみてわかったことは、人間って、いい(相田みつをみたいですが)。お風呂にも入れるし、白いシーツのついたお布団もあるし、加熱した料理、洋服も美しい、いちばんすごいのは、人間って笑ったりできるんだ!(by ミノタウロス)顔が牛だと、初めて気がついたけど、にっこり笑えないんだよ。表情にまったく乏しくって。これがミノタウロスのいちばんの不幸ではないかと思う。意志が伝わらない(伝えない)というのは、いっさいの人間関係が途切れるということで、とても切ないことだ。ああ、納得。だからミノタウロスは暴れたんだよね。

人生の必要に迫られて、生まれて初めて語学学校に通い始めることにした。これまで私は家で独り言を英語で言って、英会話を習得してきたが(暗いヤツ)、そのやり方では限界がついに来たのだった。入学テストが思いのほかとても良い成績だったので、最高難易度の「同時通訳クラス」に入ることになった。ヘッドフォンをつけて日→英、英→日に片っ端から訳していく。ひとつ前の話を別の言語に変換し声に出しながら、一方で現在耳から入ってくる新しい話をメモして記憶して次の準備をする。とまあ、脳の回路がみごとに分裂した作業だ。

しかし外国語なんて、人間と牛という異なる種をひとつの体でひきうけたミノタウロスと同じようなもんだ。言語/国境/文化/ありとあらゆる分裂をひきうけて、怪物のように生き続けるしかない。外国語だけじゃない。2つ3つの矛盾や分裂は私の専売特許ではなかったか?これを私はミノタウロス語族と呼ぼう。なんか、かっこいいぞ。止めてくれるな、おっかさん。おっとさん(父親は牛だけど)。突き進むべし。

ところで、最大級のミノタウロスが日本に1人残っていることを私は知っている。彼こそが真の怪物だ。疑いようもなく今世紀最大だし、その思想は化け物だ。怪物だ。50、60の年齢の差は関係ない(怪物だから)。さあ!ミノタウロス氏に会って結婚したいわ!と、みねまいこミノタウロスは考えるのであった。どうせ生きるなら、ダビデのように、ソロモンのように、ミノタウロスのように。言っていることの意味は不明だとしても、私は平気。何だってかまわない。きゃ(最後だけは可愛く)。

只今、私の最初の本(共著)は校正中です。出版日が決まったら、お伝えします。
posted by minemai at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.