2009年06月24日

はちゃめちゃな雨

雨がずっとやまなかった。ただただひどい雨で、ノアの洪水ってこんな感じだったのかって、窓の外を見てた。グランドや芝生に水の層ができて、ぜんぜんもったいぶらないで、気前よく空が雨を放出していた。

傘を持ってきていたけど、傘が役に立ちそうもなく、ひと仕事を終えた後の、某建物の1階でうろうろ心がさまよっていた。そしたら、ばったり、知り合いとはちあわせた。「あれー?なんでー?!」

この9年くらい知り合いだけど、一度もちゃんと話をしたことのなかったひとまわりくらい年上の女性Aさんで、彼女が「帰り、どうする?乗ってく?」と話をふってきたので、二つ返事で彼女の車に便乗させてもらった。「いつも、どうしてるの移動は?」「自転車が多いです。まだ私、Aさんみたいに、バカスカ稼いでないから。わはは。」なんて遠慮のない会話で、雨の中よりも川の中を走るみたいに走った。

雨はもともと二人を親密にしてくれるのか、あまりにひどい雨でだったのでヤケになったのか、さっき駐車場まで歩くのに頭からずぶぬれになってすっかりお互い化粧が落ちたからなのか、9年間の疎遠さが嘘みたいにぶっとんだ。

なんでも話をきくに(私はふだん、聞き役に回ることの方が多いのだ)、アメリカでも日本でもずっと競争してきたし、男性ともずっと競争をしてきたと(彼女は東大出身なくらいなので、おそらく勝利してきたんだろうけど)。自分は運良く続けてこれたけど、通常は女の子たちが結婚したり、妊娠したりすると普通は中断してしまう。仮にもし一度その競争から降りたら、再び最前線に行くことは難しい。それはたくさんケースを見て来て取り返しがつかないことだと思っている。

だから、彼女はどんな環境でも、女の子たちが競争ができるように、競争を降りなくていいように、男性に頼らないで生きられるようにっていう、平塚らいてう先生がやってきたシゴトを、信念を持って続けているようだった。お。かっこいいじゃん!ちなみに私自身の今後の参考に、アメリカで女で一人、子どもを連れて、孤立無援で、どうすればやっていけるのか?っていう貴重な情報も聞くことができてものすごくラッキーだった。

競争からは降りることなく、高速を降りて、適当な場所でおろしてもらった。やっぱりひどい雨で、笑うしかなく、私がちょっとおどけてみせた。そんで「ありがとうございました。じゃあねー。」と別れた。ふと思ったのは、こんな優秀な女性と私が競争したら、果たして勝ち目はあるのか?ってこと。同じ畑で競争することはないけど、でも東大出身の女の子や、ハーバード出と、自分とを比べたら、私の存在理由って、何?って思った。「あ、こりゃだめだ。勝負にならん」

優等生は優秀な教科書を書けるんだと思う。全体に目をくばった、落ち度のない教科書が。で、私のようなチンピラは、そこで勝負したら負けるに決まっているから、独創性みたいなところで勝負するっきゃないんだろうな。ひとつ、可能性があるとしたら、そこの部分でしか、太刀打ちできないね。それで突然だが、それでバンド名を改名することにした。

「みねまいこ&はちゃめちゃクチャ」よろしく。
posted by minemai at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Copyright (C) 2003-2007 みねまいこ. All Rights Reserved.